MENU

債務整理・ブラック お金は借りれる?

債務整理とは法的な処理で借金の金額を軽減して、3年から最長5年をかけて借金を返済しながら生活の立て直すことを指します。

 

債務整理中、債務整理後でも、お金を借りたい時に、借りることはできるのでしょうか。
お金を借りたい気持ちを抑えきれずに後悔した日々を送らないためにも、お金を借り入れする前に少し考える時間が必要です。

 

債務整理とは

 

債務整理には「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3つがあります。

ブラックでも債務整理後でもお金が借りたい場合

 

  • 任意整理
 法律で定めている金利で再計算され、金融会社に借金の減額を請求するやり方です。
  • 個人再生
住宅ローン以外の借金の総額5000万円以内で、返済能力がある場合に借金を1/5に減額した金額を定められた返済期間内に返済するやり方です。
  • 自己破産
経済環境が困窮した状況かつ返済能力がないと判断した時に、住宅、自動車(99万円以上の家財や20万円以上の貯蓄)を手放すカタチで借金をゼロにするやり方です。

 

債務整理の中で金融会社の審査をパスする比率が高いのが「任意整理」です。
任意整理は払いすぎた金利(法律が定めてない以前に金融会社が定めた金利)が戻ってくる過払いが発生しやすく、戻ってきた過払い金で借金が0になることも。
一応、金融事故としてブラックリストに乗りますが、法的な考え方で法律で定めた年金利より高い金利でお金を貸してたという理由があるのか、上記の条件をクリアをしていれば比較的借りやすいと言われている理由です。

 

任意整理中 お金の借り入れはできる?

 

債務整理の1つである任意整理
弁護士を介して、金融会社に借金を減額を依頼して双方の合意をした場合に借金の減額ができます。そして、借金を減額した金額の完済を目指します。
任意整理をすると発生から5年間はブラックリストに登録され、お金を借りたいと金融会社に借り入れを申し込んでも断られます。
しかし条件によっては、任意整理中でもお金が借りられることもあるのです。

 

任意整理中もしくは完済をしてお金借りたいけど、借りれない状況を打破できるかもしれませんよ。

 

任意整理でもお金を借りられる条件とは

 

お金を金融会社に借り入れをすると何年何月にお金を借りたかという情報が金融会社を介して信用情報機関に登録されます。
信用情報機関には日本信用情報機構(JICC)・シーアイシー(CIC)・全国銀行個人情報センターの3つが日本の信用情報機関です。

 

シーアイシーの信用情報のホームページを見ると、任意整理と個人再生の場合のみ信用情報に詳しく登録はされないとのこと。

 

そこで「任意整理の経歴があってもプロミスで借り入れができた」という口コミと照らし合せると、その信ぴょう性は高く、任意整理中でもお金が借りられる可能性はあるということです。

 

あとは返済能力の有無が大事です。嘘をつかない態度で示すことを忘れないようにたいものです。

 

基本はお金を借りられないと認識する

 

任意整理をしても残った借金を返済しないといけません。

 

返済するお金をまた借金するということがないように、クレジットカードやローンを組まないように制限があるのが「自分のため」にあるということです。

 

任意整理だから気軽にお金を借り入れにいって、また債務整理をすれば良いと考えるのは本末転倒ではないでしょうか。

 

忍耐力を持つトレーニングとしてブラックリストがあるのです。

 

任意整理が信用情報に載らなくても金融会社が嫌がる滞納の情報などは載っているため、甘い考えは控えましょう。

 

任意整理をしたらお金を借りない努力を

 

任意整理は借金を減額して、借金の完済と生活の再生を目標としています。任意整理が終わったら、お金を借り入れに行くという考えを捨てる生活をすることを心がけてください。
「お金を借りたい」気持ちがある以上は、借金をしやすい状況になりやすいのです。

 

 

 

債務整理中 お金の借り入れは出来る?

 

基本的に債務整理を行った場合はブラックリストに登録されます。
新たにローンを組むことも、クレジットカードを使うことも制限されると思ってください。
金融会社がお金の借り入れることを認める条件は
「ブラックリストに載ってないこと」「返済能力があること」です。
ブラックリストに載った場合は大手の銀行や消費者金融で借り入れる場合、たいてい審査で落とされます。
場合によっては過去に債務整理をやった経歴があっても審査で落とされることもあるようです。
その期間は、現金払いでモノを買うことしかできないということになります。
まずは債務整理ですっきりした借金を返すことを優先にしましょう。

 

 

借り入れが可能になる場合も

収入が条件をみたせば、中堅の消費者金融の借り入れが可能になるかもしれません。
それでも収入があるか無いかで審査が通る通らないが決まるますので、まずは働く環境を作りましょう。
中堅の消費者金融でも、審査を落とすところはあるので注意してください。

 

近年では、個人間取引の金融部門と言いましょうか「個人間融資」というサイトが出てきて、中堅でも借り入れができなかった人たちの最後の砦になっているようです。
闇金に手を出すよりは比較的安全ですが、借り入れを申し込む前に個人間融資のリスクや信用度が親切に掲載されているサイトを利用することをおすすめします。

 

 

経済状況を把握する

債務整理中はなるべく借金を増やさずに、返済期間の間だけは「返済」だけを考えて行動したほうが自分のためにも良いでしょう。
それでもお金を借りたい時は、自分の経済状況を把握して「借りても返せる」状況で、
金融会社から返済能力がないと信用されてない状況であることをきちんと把握しましょう。。
お金を借りたいという誘惑を断ち切り、皆さんの家計の再生で借金が少なくなることを願っています。

 

 

 

債務整理後のお金の借り入れはできる?

 

無事に債務整理をし、借金を清算した後にお金を借りたい場合、金融会社は借り入れを認めてくれるのでしょうか。
インターネットなどで口コミをみると、「債務整理後何年かしたら大手でも借り入れができた」書かれていることがあります。
実際はどうなのでしょう。

 

債務整理後は借り入れが可能

 

債務整理をした後ということは、ある程度の収入があるということです。
債務整理にも比較的軽い処理(自己破産以外の任意整理とか)の場合は、大手でも借り入れが可能と言われています。

 

・社会的信用のある正社員であること

 

・非正規であっても1年以上の長期の仕事に就いてること

 

・人柄

これらの条件を満たせば、借り入れ出来る可能性が広がります。

 

 

借り入れるの際は正直に話しましょう

 

債務整理後のお金の借り入れは働いていれば比較的難しくありません。

 

金融会社の確認の際に、きちんと誠意をもって対応に応じることが大事です。。

 

債務整理のことを隠さないようにします。

 

債務整理の有無は審査の時に分かってしまうので隠していると審査が通らない可能性があるので金融会社から問われたらきちんと債務整理後の状況を話すようにしましょう。

 

 

 

ブラック お金を借り入れはできる?

 

 

ブラック 即日 お金借りたい
キャッシングのキーワードで見ない日はありません。

 

ブラックリストに載っている人は消費者金融や銀行から借り入れが難しく、どこで借りられるか?と探している人がたくさんいらっしゃいます。。

 

お金借りたいより大事なこと

 

 現在、複数の借り入れがある

 

 返済したけど過去に債務整理をした経歴がある

 

 一定の収入がある

 

 人柄が良い(過去の債務整理についてきちんと説明できる人)

 

4つの項目をクリアしていれば、「お金借りたい ブラック 即日」で検索しても成果は得られるはずです。

 

今は消費者金融の総量規制があり、収入(年収)の1/3しか融資はできなくなっています。
高額なお金を借りることは難しくなっていることを頭に入れておきましょう。

 

お金を借りたい金額に制限があるということ、お金を返す余裕もあると前向きに考えたほうが良さそうです。

 

ブラックでも借りれる融資相談

 

いわゆる個人間融資ではブラックの人でも融資が可能です。リスクを伴うことも頭に入れておいてください。個人間融資を使う人はブラックの人は多く、相談用のフォーマットが作られていますが、名前 住所 などの個人情報を流出される可能性も大いにあります。

 

お金の相談ができるサイトは即日でお金を借りたい人のための「融資紹介」という情報を提供するあくまで間接的な役割なため、「責任は一切もちません」がスタンスです。

 

サイトを通してのお金の借り入れを申し込むよりは、審査に落ちる覚悟で目に見えて信用度が高い、中堅の消費者金融を利用したほうがお金のトラブルにならないでしょう。

 

もし、「お金の相談サイト」を使うのなら、キャッシングやガードローンを比較して借りやすいところはどこかを探すサイトが比較的安全かと思います。

 

どんな落とし穴がひそんでるか分からない「ブラック 即日 お金借りたい」のワードを巧みに使ってさらにお金に困らせようとする輩もいますから注意してくださいね。

 

 

ブラックリストに登録されている5年〜10年はお金を借りる行為に制限がかけられます。
金融会社に信用されるためにも健全にお金にクリーンであることを示さないと、
「ブラックOK」でも借り入れができないのです。

 

最近では複数社から借り入れをしている、いわゆる「申し込みブラック」と呼ばれる人には比較的、お金の借り入れOKの事例もあるため「可能性はゼロではない」ということです。